年配の黒人アメリカ人は、白人よりも難聴の有病率が低いと言われています

Journal of Speech、Language、and Hearing Researchに掲載された最近の研究によると、65歳以上の黒人のアメリカ人は白人のアメリカ人よりもはるかに優れた聴力を持っています。

2016年と2017年には、米国の非ヒスパニック系白人の高齢者の15.4%が重度の難聴を報告しました。対照的に、非ヒスパニック系黒人の回答者の間でのこの自己申告状態の有病率は、その量のほぼ半分であり、2016年と2017年にそれぞれ9.4%と9.0%でした。

難聴のオッズは、年齢、性別、世帯収入、および教育レベルを調整した場合、非ヒスパニック系白人の参加者の方が非ヒスパニック系黒人の参加者と比較して91%高くなっています。言い換えれば、非ヒスパニック系白人の人口では、難聴の可能性がほぼ2倍になります。

人種/民族性と聴覚との関連を調査した以前の研究は、地域に住む年配のアメリカ人に焦点を当てていました。しかし、制度化された、そして潜在的に虚弱なアメリカ人にはあまり注意が向けられておらず、それは高齢者の難聴についてより全体的な理解を生み出すでしょう。

研究のゴールドスタンダードは、あるサンプルの結果が別の独立したサンプルで複製可能であるということです。この調査は、アメリカンコミュニティサーベイの2017年の波で最初に実施され、その後、2016年のアメリカンコミュニティサーベイのデータを使用して繰り返されました。両方の研究の結果は非常に類似しており、調査結果をより強力にサポートしています。

調査の各波は、介護施設などの施設に住んでいる人と地域に住んでいる人の両方を含む、65歳以上の約50万人のアメリカ人回答者の全国的に代表的なサンプルを対象としました。この研究で観察された高齢者の難聴の人種/民族の違いは、地域に住む成人のより少ないサンプルを使用した以前の研究と一致していますが、1つの驚くべき発見が現れました。

著者らは、食事、喫煙習慣、騒音曝露、骨密度、蝸牛メラニン含有量の人種/民族の違いなど、観察された所見についていくつかの潜在的な説明を提案しました。ただし、この研究と以前の研究で使用されたデータセットでは、難聴の違いを引き起こす可能性のあるメカニズムを調査することはできません。

Back to top button