1泊4,500円から 新しい東京の旅スタイルを提案するホステル&ラウンジ「UNPLAN Kagurazaka」がオープン


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_98812_4

江戸情緒を伝える神楽坂に、新しい東京の旅のスタイルを提案するホステル&ラウンジ「UNPLAN Kagurazaka(アンプラン・神楽坂)」が4月24日(日)グランドオープンした。

同ホステルは外国人観光客はもちろんのこと、地元の住民から国内の日本人まで幅広い層をターゲットとしており、誰にとってもホッと一息つける空間を提供することを目指す。1階にカフェ・ラウンジ、2、3階に相部屋のドミトリールームと個室を備えている。

スタッフは全員日英2ヶ国語に対応。相部屋のドミトリールームや個室をふくむ、女性専用のドミトリールームも完備しており、女性の一人旅でも安心して利用できるよう工夫を凝らす。客室タイプは「男女共用ドミトリールーム」、「女性専用ドミトリールーム」、「ファミリールーム」、「ダブルルーム」の4種類。ドミトリーベッドには、コンパクトながらも寝具やセキュリティボックスを配置し、最小限のスペースで快適な空間を提供することを目指す。男女共用・女性専用ドミトリールームはそれぞれ一泊4,500円〜となっており、リーズナブルな価格も魅力のひとつ。

1階ラウンジでは朝8時から終日、カフェ・バーを運営している。宿泊者以外も利用可能で、昼間はバリスタが厳選したスペシャリティコーヒーを、夜は5つ星ホテルで活躍したバーテンダーによる50種類以上のカクテルを600円から楽しむことができる。

地下鉄東西線「神楽坂」駅から徒歩3分と便利な立地。「牛込神楽坂駅」、「飯田橋駅」、「江戸川橋駅」からも徒歩圏内で、計4駅からのアクセスが可能となっている。

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック