【レポート】1泊250万円のスイートルーム! シャングリ・ラ ホテル 東京のプレジデンシャルスイートは都心の桃源郷だった!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
12

高級ホテルのスイートルームといえば一度は利用してみたい憧れの客室だ。広々した空間にフカフカのベッド、調度品だって一流品。高級ホテルではなくてもスイートルームを設けているホテルもあるが、やはり高級ホテル、それもラグジュアリーホテルとあれば別格。

17
 
よく言われる話であるが、スイートルームのスイートは『甘い』のスイートではない。

新婚カップルなどが利用するイメージもあることから混同されやすいが、スイートルームはいわゆる和製英語であり、英語の【suite】が由来。suiteはひと揃い・一式・一組、そして特別室というような意味であるが、ベッドルームの他にリビングルームなども有する客室を指す。

21

さて、ラグジュアリーホテルのスイートルームがどのようなものか。東京駅新幹線口至近に位置する、シャングリ・ラ ホテル 東京の『プレジデンシャルスイート』へ出向いた。2010年8月のエリートトラベラー誌において「世界のトップスイート101」に日本で唯一選ばれたスイートルームだ。

ではここで、プレジデンシャルスイートのお値段だが、客室料金は1泊2,044,000円、これに13%のサービス料が265,720円、消費税が184,777円の計2,494,497円。この他に東京都宿泊税(1人200円)が加算される。

なんと1泊約250万円! 料金にも驚かされるがその広さも驚愕。客室面積はなんと269平方メートルである。

大きな窓からの眺望がまた素晴らしい。皇居を望むことができる、高層ビルが遮らない開けた眺望は、晴れた日には夕陽を背にする富士山も望むことができるという。

16
 
天井高は2フロア分が吹き抜けとなっており、開放感もバツグンだ。

13

なんと専用の書斎まである。VIPが執務する様子が想像できる空間である。

14

ベッドルームから続くミニジムのスペースがあり、スチームサウナも擁する浴室が広がる。

15

18

19

夜にもなれば、筆舌尽くしがたい夜景を楽しみながらの至極なバスタイムになることだろう。

22

20

足元が包まれるような感覚の絨毯、多彩なシャンデリア、それらもシャングリ・ラホテルのエッセンスであるが、写真では伝わらないルームフレグランスにもそのコンセプトは及ぶ。

23

『五感のホテル』で上質時間は超都心にいることを忘れてしまう。シャングリ・ラ ホテル 東京、スイートルームとは言わずとも、訪れるだけでも価値のあるラグジュアリーホテルだ。

文:瀧澤信秋/ホテル評論家・Hotelers編集長


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック